メンタルヘルス対策を必要とする企業のサポート
~事例の集積から適正なアドバイスまで~

メンタルヘルス対策を必要とする企業のサポート~事例の集積から適正なアドバイスまで~

メンタルヘルス対策として企業に求められるのは、メンタル不調の事例を集積すること、評価手法を活かした適切な事後措置(医師面談)などです。

企業にとって財産である大切な従業員の“心の健康”を守るには、メンタル不調の早期発見と発症後の早期解決が重要なポイントとなります。そのためにも、社内外にカウンセリング可能な部屋の設置、セルフケア・ラインケアの研修といった総合的なメンタルヘルスケアが欠かせません。

ストレスチェック制度の義務化に伴い、メンタルヘルス対策を必要としている企業の担当者様は、えがおパートナーズにお問い合わせください。専門機関ならではの事例の集積・ノウハウ・評価手法を活かした適正なアドバイスをいたします。

企業における気付きやすさとは
~不調の未然防止と早期発見のための心掛け~

企業における気付きやすさとは~不調の未然防止と早期発見のための心掛け~

企業にメンタル不調の事例が少ない、あるいは発生していることを認識できてない場合、メンタルヘルス対策の必要性を感じないかもしれません。しかし、従業員がある日突然「出社できなくなってしまうケース」は、ここ数年の間に珍しくなくなってきています。

例としては、昇進がきっかけでメンタル不調が発生するケース。部署異動や転勤といった環境の変化は、気分障害に大きく影響することがあります。具体的な変化を挙げると、以前は見られなかった遅刻や身だしなみの乱れ、周囲を避けるようになったなどです。あなたが上司の場合、部下に対する指導にも注意が必要となります。その上で個人の否定をしない心掛けをすることも必要です。

ただし、従業員の機嫌だけを気にしてはいけません。業務を通じて信頼関係を築き、一人ひとりが仕事にやりがいを持てる環境構築が大きな鍵となります。間違った配慮としては、相手の意思を汲み取らないまま仕事を極端に少なくする例です。負担を減らしてあげたという配慮のつもりが、当人が「自分は信頼されていない」と感じ取り、自己肯定感が低下して不調が悪化してしまいます。

メンタル不調は自己管理が基本ですが、従業員同士の連携や企業全体でのサポート体制が求められる時代です。
そのため、メンタルヘルス対策は急務とも言えます。

メンタルヘルス対策としても研修・セミナーで人材育成をサポート

メンタルヘルス対策として、研修・セミナーのサポートは、えがおパートナーズにお任せください。企業の経営向上に大きく貢献するメンタルヘルスケアの課題に向き合い、心身ともに健康な状態で安定して働いていただくためのサポートを行います。EAP事業サービスをはじめ、研修・セミナーの企画から実施、従業員自身のケア、同僚への接し方など、人材育成のサポートも充実しています。

お役立ちコラム

メンタルヘルス対策をお考えなら、えがおパートナーズ

商号 えがおパートナーズ 株式会社
所在地 〒277-0005 千葉県柏市柏5丁目7番23号 サンシティビル3F
電話番号 04-7105-0813
URL http://egao-partners.com