マインドフルネス社内体験会報告

  • 日時:4月19日(木)
  • 講師:
    国際コーチ連盟認定 米国CTIコーアクティブ・プロコーチ
    日本産業カウンセラー協会 認定カウンセラー
    小澤 真理子 先生
  • 場所:えがおパートナーズ株式会社

会議室に座布団を並べ、
小澤真理子先生による『マインドフルネス』を体験させていただきました。

参加者全員、マインドフルネス初体験。
マインドフルネスとは「今、ここ、あるがままの自分」を
感じて受け入れること・・・。

そこまでは理解しているのですが
一体どんな事が行われるのか、全員がそわそわしながら始まりました。

体験報告の前に、
マインドフルネスとは一体何でしょう?

マインドフルネスは、心や身体が感じていることに気づく
体感力を育む「こころのエクササイズ」です。

身体の緊張がほぐれ、日常生活のストレスを自ら解消することができます。
また、創造性が向上し、新しいことへの意欲が湧いてくるとされ
世界的優良企業をはじめとした多くの企業で取り入れられており
日本国内でも注目されています。

マインドフルネスと言えば「瞑想」。

体験会ではまず、深い呼吸に集中しながら10分間の瞑想から始まりました。
鼻からお腹へ深く空気を吸って口からゆっくりと吐く。
呼吸だけに集中する瞑想でしたが、気が付くとつい
余計なことを考えていたり雑念だらけの私。
自分の集中力の無さがとてもよく分かりました。

正直、10分もの間、瞑想をする自信は全く無かったのですが
終わってみればあっという間。
感想は参加者それぞれでしたが
つい思考が働いてしまい、集中するのが難しかったのは
皆共通している様でした。

次に、リラックスした好きな姿勢をとり、力を抜いた状態で
自分の手・足・背中・肩・頭のてっぺんなど
先生のナビゲートに合わせながらその部分に集中していきます。
まさに「今ここ」の自分の身体の状態を感じるままに受け入れていきます。

2時間の体験会では、途中休憩をはさみ
全部で4回の瞑想を体験させていただきました。

慣れない瞑想は、私にとってはとても難しく
余計な思考がよぎったら、深い呼吸で仕切り直す
というのを繰り返し行っていました。

体験報告として文章で表現するのは非常に難しいのですが
終わった後は、不思議と頭がすっきりしリラックスした気分。
瞑想は回数を重ねていくごとに、深く集中できるようになるのかな
と感じました。
しかしこれは一個人の感想であり、感じ方は本当に人それぞれです。

現在、マインドフルネスが注目され
たくさんの情報や書籍が出ております。

しかしこの不思議な感覚は、実際に体験されてみないと
きっと伝わらないと思っています。

興味のある方は、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA